<< お遊戯会 中国獅子 >>
新年会
d0103246_1556581.jpg

華僑の新年会に行ってきました。

中華街の華僑の会はいくつかあるのですが、華僑総会を筆頭に、同郷会がいくつか存在します。
華僑と言っても出身はそれぞれ異なるので、省ごとに同郷会があります。
私の父は、とある同郷会の副会長を務めています。


実は私は華僑の集まりには全く参加していないので、あまり詳しい事は分かりませんが、私が知り得る範囲で今回はちょこっと華僑の事をご紹介します。


人気blogランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
応援クリック、いつもありがとうございます♪



d0103246_1558113.jpg

春節を迎えると、それぞれの会では新年会が催されます。
私が同郷会の新年会に初めて参加したのは・・・たぶん
15年くらい前だったと思います。
父に誘われて参加しました。

新年会に参加したところで、私にとっては知っている人もいないし
あまり面白いものではありませんでした。

タダで中華のフルコースが食べられる・・・それくらい・・・?
(参加費は父が出してくれるので。^^;)

それからは都合がつく時は参加するようにしてきました。

子供が生まれてからは家族揃って
その頃には兄家族も参加するようになったので
全員合わせると10人くらいになります。
テーブル一卓囲むのに丁度良い。*^^*

でも子供達に中華は今ひとつ不人気なので
大人がいくら頑張って食べてもお皿があかない・・・

唯一娘には好評だったようで、前菜からデザートまで二時間座りっぱなし
食べっぱなしでした。
周りでは飽きた子供達がバタバタ遊んでいるというのに・・・orz
それはそれで問題・・・というか、心配・・・^^;

d0103246_15581971.jpgこれは非常に気に入った蟹爪。
二つ食べた時点で、母(私)のストップが入りました。
(だってあくまで前菜だから・・・)










d0103246_1604042.jpg参加して毎回思うのは、お年寄りが多い・・・という事。
今の華僑や同郷会を支えているのは、父の世代。
次の私達の世代は、なかなかこういった集まりには参加しません。

一応“青年会”と称した集まりがあるのですが、その会長からして

この人が青年会・・・?
中年会の間違いじゃ?? ( ̄Д ̄;)

と、疑ってしまいたくなる・・・^^;
・・・そんな状態です。

あまりにも青年会への参加者が少ないので、父世代も引退したくても出来ない様子。

今回の新年会も、私の知り合いはたった一人。
三年年下の後輩だけでした。

元同級生が他の同郷会に参加しているか、いないかは定かではありませんが
私の知る範囲で、父の家業を継いでいるもしくは手伝っている人は
ほんの一握りです。
その中でも、華僑活動をしているのはたったの二人だけ・・・

そんな状態なので
近年中華街は、【新華僑】と呼ばれる人達に圧されがちです。(父談)

【新華僑とは、商才があり世界的にビジネスを展開している、新世代の中国系ビジネスマンのこと。1980年代以降に来日した中国人を華僑というのに対して、80年代以前に来日した華僑やその子供や孫たちを、年齢が若くても「老華僑」と呼ぶ。横浜の中華街に住み、本格的な中華料理店を維持する老華僑に対し、新華僑は老華僑とは一線を画す。具体的には、中華ファーストフードの店の企画、IP電話を使った安い国際電話料金で24時間営業のインターネットカフェの開業、1皿500円のワンコイン中華の展開、といった老華僑が未開拓の分野への進出を図る。IT技術の発展とともに、各国で重要なビジネスの一角を担っている。】 (ググって、コチラを引用しました。)

ちなみに私の父も私も、老華僑にあたります。

中華街でも最近流行りのお店は、新華僑が経営している事が多いです。
中国人持ち前のハングリー精神で、ビジネスチャンスを掴む人達が増えています。


父は若い頃から華僑総会や同郷会へ参加してきました。
子供の私達が中華学校へ学びに行かされたのも、父の意向です。
彼は1~2歳の頃両親と共に来日し、中国語教育も中国文化も学ぶ事なく育ってきました。

それなのに華僑の活動には、人一倍熱心に参加する。
60を過ぎてから、中国語を勉強し始め
今では初級~中級程度の中国語を話します。

これには私も感心しました。
60過ぎて中国語をやろう・・・とは、私だったら絶対に思わない。

華僑・同胞に対する思い入れ
中国という国に対する思い
あきらかに私とは違うものがあります。

どちらかと言えばそれは、大陸生まれ・大陸育ちの夫の感性に近い。
世代を超えて、彼らの会話はどこか共通点があります。


幼い頃から日本に生まれて、日本に育ち
血統以外の全ては“made in Japan”である私。

習慣も、文化も、感性も。

昔から漠然としてきた、老華僑としてのスタンスは
未だもって私の心の中に確立されていません。

なんだか、宙ぶらりんのままなのです。

・・・あ、なんか話がちょいと重~~くなってきましたね。失礼。^^;
興味のない人達にとっては、なんのこっちゃ・・・ですね。

“華僑”と一口に言っても、色々あるのです。

話始めるとキリがないので、今日はこの辺にしておきます。
また追々と少しづつ、お話できればと思います☆
[PR]
by smiley-pig | 2007-02-22 15:54
<< お遊戯会 中国獅子 >>