<< ラ・ファミーユのシフォンケーキ フラワーガーデン in 赤レ... >>
中国で迎える春節 8
d0103246_1852298.jpg

夜明け直後のホテルからの眺め


この町は、中国の10大都市の1つです。
私がこの町に訪れたのは、2000年の事。
それから8年経ちましたが、この町に大きな変化はありませんでした。

↑の写真を見ての通り
高層ビルはまだまだ少なく
町はどこか薄ら汚れています。・・・ん?窓が汚れているからだって?^~^;

夫曰く
近年は他の10大都市の開発に追われ、この町まで手が回らないんだとか・・・
この町が発展するのはこれからだ!(゚Д゚)・・・とも言っていました。

・・・その話は、5年前も聞きましたが・・・?--;

まだまだ住みやすい町に変わるのは、先の話のようです。^~^;






今回は中国で買ったもののご紹介。

まず初めに
d0103246_190245.jpg

長めのダウンコート



とにかく寒くって!><
日本からハーフ丈のダウンコートしか持ってこなかった私。
着いた直後、激しく後悔。orz 
中国の寒さ、なめていました。^^;

だって~
長いと子連れじゃ歩き難いかと思ったんだもん。^~^;
それに中国にお気に入りの上等コートは着ていきなくない。^~^;;

最初に訪れた香港系のお店で見つけた茶色いダウンコート。
好きな色だし、お尻がすっぽり隠れて暖かい。
こういうの欲しかったんだよね~^▽^
旅行前、中国旅行用に・・・とユニクロで探したんだけどなかった・・・^~^;

お値段299元・・・だったかな?^~^;
(1元は15円くらい)

ほんとは199元って値札に引かれて、レジに持っていったんだけど
実はそれは隣の服の値札だった。^^;
ま、299元でも安いし、気に入ったからお買い上げ~♪
日本でも着られるしね。^^


お次は
d0103246_1971837.jpg

茶色いブーツ


左の写真を見て分かるよう
中はボアボアになっていて暖かい。^^

お値段は・・・確か189元・・・?だったか?^^;
これも中国で激使いしました。^m^モト取った~



それから
d0103246_19105745.jpg

ロシア製の帽子


前回の春節燈篭祭の観光地で、フト目に留まったロシア土産店にて。

お♪良い色じゃん♪(激しく茶色好きな私^~^;)
・・・と思って被ってみると、あったか~い★^O^

お値段見ると、25元。

やすっ!Σ(゚▽゚;)
※勿論皮でも毛皮でもありませぬ。アクリルかな?^^;※

他にもアクセサリーや食器、銀製品や衣服なんか売っていたんだけど
総じて安い!

今年中国を訪れてみて、全般的な激しい物価の上昇を肌でヒシヒシ感じていたので
なお更安く感じました。^^;ロシアって物価安いんだね~


・・・で、上記3点現地調達品
中国でフル活用しておりました。^^;


これは
d0103246_1922187.jpg

娘用髪留め



子供サイズの小さなもの。
値段は、たしか・・・(‐公‐ )・・・25元ぐらいだったか?

ちっこいくせに、意外と高い。
これは前回訪れた時も思ったこと。
でもこういったキラキラ好きな私は、ついつい買ってしまいます。^^;


ショッピングしていて思ったのは
1年半前に訪れた時よりも、かなり物価が上昇しているという事。
贅沢品、舶来品のみならず、家電や洋服
そして食料品、生活必需品にまで。
勿論お給料も併せて上がっているのだけれど、それに追いつかない上昇率。

百貨店のみならず、レストランもそう。
以前は200元あれば、私達一家がたらふく美味しいものを食べられたのに
今回はレストランレベルを落とさないと、その値段では食べられなくなりました。

倍・・・とは行かないまでも、+0.5は値上げしていました。
もしかしたら、日本のレストランとたいして変わらないんじゃない?--;・・・なんて。^^;

以前のように、あれもこれも安い!と、大豪遊(?)は出来なくなりました。T▽T


それでも
ショッピングの他に、私達がかならず行くのがマッサージとヘアカット。

マッサージは、ここ数年前ようやく見つけた
純正統派のマッサージ屋。


※あまり大きい声では言えませんが・・・
【マッサージ=エッチ】の影の図式が中国では出来上がっておりまして・・・^^;
この店を見つけるまで、数々の衝撃体験をいたしました。(*ノ∀ノ)イヤン
良いネタにはなるけど、思い出したくない過去の出来事なので
敢えてここでは書きません。あしからず。^^;※



目の見えない盲人のマッサージ屋。
今まで数回ここで試しましたが、どの人ももみ返しがなく
後々まで気持ちが良いマッサージを受ける事が出来ました。^^

以前広東省の某ホテルのマッサージ屋でやった時は酷かった。
多分素人だったのだろうけど、揉んでもらうと痛い。><
しかも私が中国語を話すと分かると、ず~~っと喋ってる。^^;
私は静かにリラックスしたいのに~;;
マッサージ後も、なんだか違和感が。
揉んでもらった所が、痛くって痛くって・・・;;
料金も割高だし、良いことありませんでした。^^;

その点ここは1時間80元と超格安。

中国でのマッサージ、ぜひぜひお勧めしますが
色々なお店がありますゆえ、お店選びは慎重に。^^;



ヘアカットは、カットが目的じゃなくシャンプーがメイン。
一般的なカットハウスでは、【水洗】と【干洗】の二つの方法がありまして
水洗は普通にシャンプー台で洗ってもらうもの
干洗はカットする椅子の上でシャンプーしてくれるもの。

干洗の場合
まず初めに、椅子に座った私の頭のてっぺんに
べチャっとシャンプーがつけられます。

初めてこのシャンプーを体験した時は、目が点になりました。^^;

それから、徐々に水で薄めてシャンプー液を伸ばしていきます。
お店の人は器用に泡立て、洗っていきます。
途中余分ないらない泡は捨てに行きます。
泡が少しも垂れてこないから、あら不思議。^^

・・・この洗い方は、絶対髪にはよくないよな~--;
と思いつつ、なぜか毎回やってしまう。

なぜならば、このシャンプーの後
頭から首、肩にまでかけて、じっくりマッサージしてくれるからです。^^

シャンプー&頭皮マッサージが大体30分ぐらい
その後のマッサージが30分ぐらい
で、計1時間ほどの頭部&上半身マッサージを受ける事が出来ます。

しかもお値段格安。
高級サロンは別として、一般的なお店では10元ほど。
これは、8年前から値上げしていませんね。^^

これも、中国でお勧めしたい事の一つ。
でもね、お店によっては安いシャンプー液で髪がバサバサになってしまうので要注意。^^;

その後にカットしてもらう事もあります。
お値段おおよそ25元ほど。
日本に比べちゃうと、激安だもんね~^^

でもね
あまり切らないで、揃えるだけにして
・・・って指示しても、フト気付くと軽く10cmは切られていたり・・・^^;

他にも“まあまあ、僕にまかせて”なんて言って、好きなようにカットされたり・・・^^;;

“ちょっと切りすぎじゃない?!”なんて文句言ったところで
“そう?でもよく似合ってるよ。^^”って、ちっとも悪びれる風でもなく・・・^^;;;

そんなんで、近年はあまり指示しない事にしました。

いちおう、“揃える程度”にとは言うけれど ショートにされたらたまらんので^^;
今回はどんな風にされるかな・・?って、ぐらいに思うようになりました。

どうせ、髪はすぐ伸びてくるもんね。┐(´~`)┌ 半分諦め


・・・あ、でもね
一度 仕上げにディップを使って、爆発系なヘアスタイルにされた事がありまして・・・
あまり気にせず、そのまま親戚と食事に行ったら
親戚に“寝起きかと思ったよ。^^;髪がグチャグチャだから。言おうかどうしようかずっと迷っていたよ。^^;;”
・・・なんて、食事の後に申し訳なさそう~に言われてしまいました。^m^;;

今回も家族四人揃ってカットして、合計130元でした。
これやったら、もう日本でカット出来ないよね~^O^
だから、帰省近くなるとなるべく日本でのカットを我慢する我が家です。^m^;;



・・・



以前こんなコメントをいただいたのでご紹介します。

>中国の方はそんなに食べるのにどうして太っている方が少ないのでしょうか???
>いくら野菜をたくさんといっても、、、謎は深まるばかりです。

私も以前から、何度かこんな質問を受けました。

私の友人は
やっぱり中国茶がいいのかなあ・・・私もやろうかな・・・(‐公‐ )
・・・と真剣に悩んでいました。^^;

確かに中国茶には油を流す成分があります。
レストランなどで出てくるフィンガーボールに、お茶が入っている事もあります。
脂っこい物を食べた後に中国茶を飲むと、口の中がさっぱりしますよね。

中国茶もたくさんの種類がありますが、
痩身効果というと、一般的にプーアール茶でしょうか。

中国の人は、とにかくお茶をよく飲みます。
携帯用に空き瓶にお茶の葉とお湯を入れ持ち歩いていたりします。
お茶がなくなると、瓶に湯を足します。

皆さんご存知の 広東省に根付く飲茶の習慣は
お茶を飲みながら、点心を少しづつつまむものですね。
お茶のお湯がなくなると、お湯を継ぎ足しして
何時間でもお茶を飲みながら、おしゃべりを楽しみます。

私も何度か広東地方で飲茶を体験しましたが
地元の人は、点心を食べるのがメインというより
お茶を飲みお話するのがメインのように感じました。^^

日本人がお茶を飲むより、はるかに多く彼らはお茶を飲みます。
それが多少の痩身効果、利尿効果を発揮しているかもしれません。

それに加え日頃の食事も質素です。
野菜を多く取る事に加え、脂肪のついた肉を好まない人もたくさんいます。

夫の実家でも脂が乗った肉は使いません。
だいたい【痩肉】と言われる、脂肪のない豚肉が主です。
こういった脂肪嫌いの人は中国では少なくありません。

なのでハタから見ると、中国人は痩せて見えるのかもしれません。





・・・そう今までは。





問題はこれからです。
中国の食卓事情は、今劇的に変化してます。

外来チェーン店である
マクドナルト=麦当労【マイダンラオ】
ケンタッキー=肯徳基【ケンデージー】
ピザハット=必胜客【ビーセンケー】
スターバックス=星巴克【シンバーケー】
などの店が、今や中国を所狭しと繁殖しまくっています。

繁殖率に加え、その人気。
食事時、バレンタインやクリスマスなどのイベントがある時には
長蛇の列になります。

想像してみてください。
野菜たっぷり、脂肪分が少ない食事が
コテコテのカロリーたっぷりの食事に取って代わるとどうなるか。

お朝から晩までお茶をたっぷり飲んでいたのに
それが清涼飲料水やコーヒーに取って代わるとどうなるか。

総じて、中国人は怠け者が多いです。
極力身体を動かさない事を好みます。
今日中に出来る事でも、なるべく明日に延ばそうとします。ほんとです。(゚Д゚)

なので彼らの言うダイエットは=食べないです。
健康的に身体を鍛えてダイエットなんて、考える人は少ないです。

これはずっと以前から気になっていた事ですが
中国のどんなに若い女性でも、どんなに痩せている女性でも
なぜか下腹がぽっこり出ている女性が多い。

後ろ姿はすごく綺麗なのに、前に回るとちょっとガッカリする事が多々あります。
多分身体を鍛えたりする事がないのでしょうね。
多分そんな事、思いもしない事だと思います。
だから歩く時の姿勢も悪いし、どんなに細くっても綺麗に見えない。

また産後、すごく太ってしまう女性が多いです。
中国では妊娠すると、栄養過多になる女性が多い。
とにかく栄養つけろ、二人分食べろとたくさん食べさせられます。

食べ物がない時代じゃあるまいし、今のこの飽食の時代に
二人分食べたら必ずや二人分の体重になりますよね?

日本では産婦人科医が妊婦の体重管理をしている
・・・なんて聞くと、皆一様にビックリします。

私も今回義妹の腰周りを見てビックリしました。
とても27歳の腰には見えないって・・・( ̄Д ̄;)

去年8月に出産した彼女、あれから半年も経っているのに。
なんて言うか、中年体系?に既に突入していました。

私の知っている産後の中国女性は、皆一様に太ってしまいました。
だから私が帰省すると、皆から一様に“痩せすぎよ!”と集中砲火を受けます。(´Д⊂グスン


国民性に加えて、古来の変わりない風習
そして食生活の変化。

これらの現実は、きっとこれからの中国人体型に大きく影響してくると思われます。

今 中国は、ようやく中国全土で食のワールドワイド化を手に入れ
それを謳歌している時なのだと思います。

今までの中国食よりも、こういった外来食を好む若者は
今では数多いのではないでしょうか。
ある意味流行であり、ステイタスであるように。

でもきっといつか気づくと思います。
その土地には、その土地に根付いた生活や風習が一番合っているという事を。
勿論食生活も同様に。


・・・なんだか長々書いてしまいましたが
決して中国人女性は痩せている訳ではない!と、私は思っております。
欧米人のようにすごく太った人が多いわけではないけれど
実はふくよかで、体脂肪率は高い女性が多い。

中国へ行く機会がありましたら
ぜひじっくり観察してみてください。^^



ivyさん
お返事遅れてごめんなさい。^^;


※以上の言葉は、私の経験に基づいた、あくまでも一個人の考えであります。
話半分程度に聞いておいてくださいませ。^~^;※




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



応援クリック、してくださいますか?^^


人気blogランキングへ


励みになります。
いつもありがとう。^^
[PR]
by smiley-pig | 2008-04-18 21:41 | たのしい
<< ラ・ファミーユのシフォンケーキ フラワーガーデン in 赤レ... >>